7月29日締切!お急ぎください!夏休み「完全無料講座」

【実体験付】英語を毎日音読しまくったらどんな未来が待っているのか?

英語を学んでいる人なら音読を勧められたり、やってみよう!って始めた方も多いのではないでしょうか。
でも残念ながら音読で「英語が伸びた!」と実感した人は少ないです。
その理由は間違った自己流でやったり、効果を実感する前に止めてしまうことが大きな原因です。

私自身は音読で英語力を上げた人間です。
留学経験がないのに国内で働きながら(しかも外資の激務の中)英語を身に付けて英検1級を取得したり、電話会議やプレゼンで英語を使ったりできるようになったのも正しい方法で音読を続けたからです。

今日は私の実体験を交えながら、音読の重要性を伝えたいと思います!

英語専門塾 ステューディアス

成田市囲護台・香取市佐原で個別レッスンやってます

子ども達に英語を使える未来を提供することが使命です。

頑張ること、頑張り切ることを伝えています。

「いいから黙って音読しろ!」
と言って、素直に音読する人はあまりいないですね。

原理や根拠を知って納得してこそ、継続できて、音読の効果を実感できると思います。

音読の効果

その効果が出る根拠

効果が出る音読の方法


順に説明していきます

音読の効果

正しい音読をすると以下の効果を実感することができます

語彙と文法の習得を加速

リスニング能力の強化を加速

発音の向上を加速

語彙と文法の習得を加速

音読する教材には、新しい語彙や文法構造が含まれることが多く、正しく音読することで、これらを自然に学ぶことができます。
単語の暗記苦手!という人でも、音読を通じて語彙を増やすことができます。
更に英文の語順で理解することで、英文を英語のまま理解する基礎を築くことができます。

リスニング能力の強化を加速

音読することで英語の音と意味を結びつける能力が鍛えられます。
聞いても意味が分からない単語は、聞き取れてもリスニング力は上がりません。
音読を通じて、正しい音と意味をリンクさせることで、英語を聞いて理解する力が向上します。

発音の向上を加速

音読は正しい発音を身につける助けとなります。
お手本を使って繰り返し同じ文章を読むことで、自然なリズムとイントネーションを習得できます。
ただし自己流の読み方は避けて、お手本にぴったり重なるように完全コピーを目指しましょう!

効果の根拠

音読がなぜ英語力をあげるのか?
これについて、科学的な研究結果もあります。(参考:」門田修平(2007)「シャドーイングと音読の科学」)

まず私たちが文字を読んで理解する場合、脳で何が起こっているかを考えてみます。

目に文字が入って、認識する
目に入った文字と脳のデータベースを照合する
文字を頭の中で読む(音韻符号化)
読んだ音から意味を脳から引っ張り出す

1つの文字の意味を理解したら、次の文字、そしてまた次の文字、という感じで単語の意味処理を続ける

単語1つを認識するだけで、脳は最低上記の4つをこなしています。

実際の英文はは単語が複数並んでいますので、単語一つ一つに上記の4ステップやりながら英文全体の意味理解を行います。

ですが、英語に慣れていないと、上記の4ステップで脳が疲労してしまいます。
英文の意味を理解する前に単語の意味を脳から引っ張り出すだけで、ギブアップになってしまうのです。

そこで音読の登場です。

音読を繰り返しやると



単語のスペルと単語の音を結び付けることができる

ようになります。
つまり繰り返し音読することで、上記の4つのステップを高速で行えるようになり、脳の負担が減ります。
脳の負担が減るので、その空いたリソースを「英文の意味理解」に振り分けられるようになります。

まとめ
4つのステップを無意識に高速で行えるようになる。
脳の負担は下がるので、その分文章の意味理解に脳を使える!

早く正確に英文を読めるようになる

効果が出る音読の方法

私のおすすめ音読方法はこのサイトで何度となく紹介しています。
例えば、こちらの記事が参考になると思います。

家でもできる英語力を爆上げする音読の仕方を解説します!

このブログ↑でも2つの音読方法を紹介しています。

おススメの音読法
1. オーバーラッピング

2. リピーティング

音読のメリットとデメリット


ここまで 音読のメリットを紹介してきましたが、デメリットもないわけではありません。
その効果を最大限に引き出すためにはデメリットとの回避方法を紹介していきます

デメリット

デメリットと考えられる5点を挙げます。

  1. 間違った発音を覚えてしまう
  2. モチベーションの低下
  3. 自然なリズムやイントネーションの欠如

間違った発音を覚えてしまう
間違った発音で音読を続けると、その間違った発音を覚えてしまいます。


モチベーションの低下:
繰り返しの練習は単調ですし、効果が出るには数か月必要です。効果を実感する前に。飽きて止めてしまうことが多いです。


自然なリズムやイントネーションの欠如:
テキストを読んだだけだと、自然な話し言葉のリズムやイントネーションは学べない場合があります。


デメリットの回避方法

上記のデメリットを回避するためには以下を心のどこかにメモしておいてください。

間違った発音を覚えてしまう
回避方法:音読教材は必ずネイティブの音源付きの物を使う!


モチベーションの低下:
回避方法:複数の音読題材を用意して、1つの英文を極めたら別の題材に取り掛かたり、自分の好きなTEDや有名人のスピーチを音読教材にする。


自然なリズムやイントネーションの欠如:
回避方法:こちらもネイティブスピーカーの音源を使うことで、回避しましょう。



無料で使える音源の1つに英検の過去問があります。

英検リスニング強化:無料音源で効果的なトレーニング方法


またスティーブジョブズやザッカーバーグのスピーチを使って音読するのも最高です!

効果的な進め方

音読の効果はお分かりいただけたと思いますが、大切なのは毎日やることです。
また、適切な教材の選定も重要になります。

ここでは毎日の習慣化のコツ適切な教材の選定 について書いていきます。

毎日の習慣化

この記事を読んで、「よ~し、音読で英語を身に付けてやるぞ!」と思っていただけたら嬉しいです。

今のやる気をを維持し続けるために、習慣化のコツをご紹介します!

同じ時間に行う

短時間から始める

トラッキング

同じ時間に行う:
毎日同じ時間に音読を行うことで、習慣化しやすくなります。
私が外資で働いていた頃は、通勤時間や午後10時~11時を英語の時間にしていました。


短時間から始める:
初めは短時間(例えば5分)から始めて、徐々に時間を延ばしていくのが効果的です。
最初は皆さんやる気があって、「2時間やるぞ!」と気合を入れますが、長続きしません。
音読の体力もないので、最初は5分、10分程度からやりましょう



トラッキング:
音読の進捗を記録することで、自分自身の成長を確認しやすくなります。
私の場合は、音読テキストに、日付と読んだ回数を正の字で記録していきました。

適切な教材の選定

自分のレベルに合った教材

興味のある題材

オーディオ付き教材

自分のレベルに合った教材:
難しすぎて英文の構造が分からなかったり意味が分からないと、音読の効果は出ません。それに、極端に難しいと挫折しやすいです。


興味のある題材:
自分が興味を持てる教材を選ぶことで、学習のモチベーションが上がります。
スティーブジョブズが好きなら、上記でも紹介したYoutubeなど、自分の興味がある題材を使うのも学習の継続面でも有効です。


オーディオ付き教材:
これは、音読のデメリットを回避するためにも、オーディオが付属している教材を選ぶようにしてください。
正確な発音やイントネーションを聞きながら学ぶことができます。

実際に音読をやりまくった人の体験

実際に音読をたくさんやって、英語力を上げた人の体験談をご紹介します。

私の体験

私自身も音読によって英語力が爆発した人間です。
外資に転職して「英語を身に付けなきゃ!」って思って英会話学校に通っていたんですけれども、なかなか 英会話学校に何ヶ月も通っても英語の実力が上がっているという実感はありませんでした。

「困ったなぁ。このままじゃ英語ができなくて本当にヤバい!」という焦りもあり、ネットでいろいろと検索しました。

検索すると音読が効果的だっていうのを見て、「音読にかけてみよう!」 と決心して音読をやりました。

結果的には、働きながら英検1級も取ることができました。

私の英語力を支えているのは音読と言っても過言ではありません。

私が大人になってから、英語を身につけられたのも音読があったからこそ、音読を続けたからこそとも言えます

なので 皆さんにも正しい音読の仕方をやってもらって 英語力を上げて欲しいと思っています。

他にも体験談を集めました

ネット上から音読の効果について書かれた文章をいくつか引用します↓

1ヵ月音読をやって、その効果に驚いている人の投稿↓

英語の長文音読を毎日3時間して一ヶ月経つのですが、単語と中学程度の文法力だけでも長文音読しまくるようになるとなんか気で普通に読めるようになりますね。英語を英語のまま理解するってやつです。マジでなんでこ んなに英語長文の音読って効果あるの?しかもなんで世の中の受験生は英語長文音読軽視してるの?英語音読の効果ってすごいですね。

https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q13229021153

何百回も過去問を音読した人の投稿です↓

早稲田商に行った者です。
英語長文を何百回も何百個も音読して、センターが一問ミス、早稲田9割でした。

音読が最強の勉強方法です!!!
読むスピードが何倍も速くなり、最後センターなんかは40分で終わりました

https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q13229021153

さいごに

この記事では私自身の英語力を大きく上げた音読について書いてみました。

音読をやりまくると確実に英語力を上げてくれます!

ただし、ここでも書いたように注意点もあるので、この記事をもう一度読んで効果的な音読を実践してください!

音読はとても一般的ですが、実際にやるって人は少ないです。

誰でもできるのにやる人は少ない、それが音読です。


本当に英語力を上げたいのであれば 音読を地道に毎日コツコツやっていくのがおすすめです。

当英語塾でも音読をレッスンに取り入れています。

特に近年は入試でも長文問題の英文が長くなっています。

量が多くて読み終わらない!

こんな悩みをもつ受験生が多いですが、当塾の生徒たちは音読を重ねているので、長文問題は逆に得点源になっています。

音読で英語の基礎を身に付けて、受験や英検はもちろん、将来に渡って使える真の英語力を身に付けましょう!

成田市囲護台・香取市佐原でレッスンを行っています。
ご興味のある方はお気軽にお問い合わせください。

英語専門塾 ステューディアス

対象小学5年生~高校生
指導形態最大3名の個別指導(オンラインでの受講も可能)
レッスン内容定期テスト~受験、英検対策まで個人の目的に合わせて完全カスタマイズ
講師元外資系研究員、英検1級、TOEIC960

将来英語が使えることを目標にゆるぎない英語力を養成します。
本物の英語力を身に付けていくので、定期テストでも受験でも英検でも対応できるようになります。
レッスンはひとりひとりに完全にカスタマイズしています。


一緒に未来への道を切り開きましょう!